ボイトレや発声練習をしてもあなたの声が変わらない理由

こんにちは。
ボイトレをさせないボイストレーナーのトクガワ です。

 

ここ最近、声のことについて色々と情報を探している方が多いようで、LINEで質問いただいたり声についての相談やアドバイスを求められたりすることが多いです。

色んな方とやりとりしていると、実にさまざま。

「どんな練習をすれば、甘い声になりますか?」
「どうしたら聴いている人が感動する歌声になりますか?」
「オーディションに合格できる声になれる練習方法を教えてください」
「エッジボイスが上手くできません」

特に若い方に多いのですが、「これをやれば甘い声になる」、「こうすれば聴いている人が感動する」、「これさえすれば合格する」という練習方法やマニュアル、ボイトレ理論があると考えているようなのです。

言っておきますけど、そんなものありません

そう思う方がたくさんいるのは、インターネットでさまざまな情報が手に入るからじゃないでしょうか?

色んな方がそれぞれの理論や主張をネット上にアップしていますよね。それを読んだ人は疑うことなくそのまま鵜呑みにして信じてしまうわけです。

そしてその方法を試してみて、もし上手く行かなければ自分がダメなんだ、自分ができないだけなんだと悩んでいます。どうすれば良いかわからず、たまたま検索して見つけたトクガワ(私)にLINEで質問や相談をしてくださる方が多いんです。

私は、悩んでいる方々に声を大にして言いたい!

そんなネットで仕入れた情報は信じなくていいです!

あなたにはもっと別の有効な方法があるから!!

っていっても、ほとんどの人は全くそれを理解しようとしないんですよね。

そんな状況に見かねて、このままではウソと誤解だらけのボイストレーニングに将来を奪われてしまう若者が増えてしまうに違いないと感じたから、今回のテーマを取り上げます。

 

あ、「ネットで仕入れた情報は信じなくていいです」と言っちゃうと私が発信しているアイディアもネットで仕入れた情報になっちいますね。。。でも私がこのサイトを通じてあなたにお伝えしている情報は、実際のレッスンで受講生の方にお渡ししているアイディアばかりで、そのほとんどが成果に繋がっています。

人によって合う・合わないがありますから、万人に共通するアイディアはありません。でも私の場合は合わない場合は別の提案をします。できるようになるまでやらせる、と言うような時代錯誤のボイトレは一切やっておりません。

 

「いいかげんボイトレとか発声練習やめたら?」

みなさん、早く気づいてください。

テンプレ式、マニュアルだらけのボイトレや発声練習では、あなたの声は一生変わんないってことに。どんな習慣や癖を持った人に対しても一律に同じことをさせているようなレッスンでは、あなたが望んでいる声にはゼッタイにたどり着けません。

なぜなら、あなたが望んでいる声になるためには、あなたの声を邪魔している習慣を取り除きあなたが望んでいる声を出すために必要なことを考えそれを実行しなくてはなりません

「これをやれば甘い声になる」、「こうすれば聴いている人が感動する」、「これさえすれば合格する」という唯一の方法なんてこの世の中に存在していないんです。

LINEで質問くださる方のほとんどの方は、そんな唯一の方法を求めて質問をくださいます。いただいたご質問に私なりの見解をお伝えし、「声を出すときにどんなことをしていますか?」と質問すると、お返事がありません。

まぁ、それはそれで別にいいんですけどね、それが他の人との差になるわけです。

本当に望んでいる声になりたい、望んでいる声になって手に入れたい未来がある方は、私の質問を真剣に考えてお返事くれるんです。「今まで考えたことがないですけど、声を出すときにこんなことをしているかもしれません」とか「○○のような感覚で声を出しています」とお返事くれるわけです。

これがあなたのようなマニュアルだらけのボイトレを受けてきた方やインターネットで手に入れた役に立たない発声練習に取り組んできた方との決定的な差なんです。

わかりますか?この違い。

これがわからないようでは、あなたはどれだけボイトレに通って発声練習しても通る声にならないし、聴いている人が感動するような声にもなりません。相手の人があなたに好印象を持ってくれる声にもなりませんし、それが営業成績や商品の売り上げに繋がるような声にもなりません。

 

ボイトレとか発声練習の前にやることがあるのに、誰も教えてくれない

ボイトレとか発声練習に励むのはあなたの自由なんですけどね、ただ取り組んでも全く意味がありません。

なぜ私がそう考えるかというと、あなたの発声を邪魔している習慣あなたが望んでいる声を出すことを妨げているクセを放置したままボイトレや発声練習をしてもね、ほとんど意味がないわけですよ。

それどころか、ボイトレや発声練習をすることで、あなたの発声を邪魔している習慣やあなたが望んでいる声を出すことを妨げているクセを何度も繰り返しているわけですよね?

そうやって発声を邪魔している習慣や望んでいる声を出すことを妨げているクセを強化していることに気づいていますか?

レッスンに行って発声を邪魔する習慣を学んで、自分で練習するときには望んでいる声を出すことを妨げているクセを繰り返しているわけです。

こんな状況であなたの声が変わると思いますか?

あなたが望んでいる声になれると思いますか?

考えるまでもなく答えはNoじゃないですか!

あなたの望みとは、真逆の方向に進んでいますよ!

どんどんと自分で自分の声を悪化させていることに気づいていますか?

 

「自分の習慣に気づくこと」ができなければ一生変わらない

私が「声を出すときにどんなことをしていますか?」と質問しているのはね、私には明確な意図があるからです。

あなたが声を出すときに自分で自分の発声を邪魔している恐れがあるかも知れないからこんな質問をしているわけです。別に質問してくださった方に意地悪しているわけではありません。真剣に質問してくださった方をサポートしたいので、少しでも情報を集めたいのです。今起きていることを教えて欲しくて質問しているわけです。

質問してくださる方には「こんな声を出したい」とか「こんな声になって○○したい」という望みがあるはずですから、それをサポートしたくて私は質問しているんです。

なぜなら、あなたの「こんな声を出したい」とか「こんな声になって○○したい」という望みを邪魔しているのはあなた自身だからです。その邪魔しているものを取り除くために、私は質問しているのです。

あなた自身がそのことに気づかなくては、いつまで経っても変わることができません。「こんな声を出したい」という願いも「こんな声になって○○したい」という望みも叶いません。だって邪魔しているのはあなた自身なんですよ?

あなたがそれに気づかなくては、どんな努力もすべてが無駄なのです。

でも多くの人は「○○すればいいですよ」とか「△△すれば、あなたはこんな声になれますよ」とか、そんな言葉を求めているんです。

つまり自分で考えることをせずに、全部を他人に任せたいわけですね。

そもそもその考えをしてしまう思考の習慣こそが原因で、それに気づかない限りはいつまで経っても同じ事をしていることにすら気がつかない。つまり永遠に同じ事の繰り返しです。

私が「声を出すときにどんなことをしていますか?」という質問に真剣に向き合ってお返事くださる方は、すぐに結果が出るんです。

なぜなら、習慣が変われば結果が変わるからです。

 

カラダの使い方の習慣が発声の邪魔をしている

ある時、社会人の男性がレッスンに来てくれました。彼の名前はおさむさん(仮名)、20代後半の方です。

彼とのレッスンエピソードをご紹介します。

おさむさんは、こんな悩みや望みを持っていました。
・人前で話すのがあまり得意ではない
・転職して新しい職場では人と話す機会が増える
・ボイトレが役に立つのかよくわからなかった

レッスンを通じて、おさむさんはどんな体験をしたのでしょうか?

 

発声の邪魔をする習慣を取り除くから声が変わる

今回のおさむさんのエピソードを通じで、あなたはどんなことを学んだでしょうか?

もしかすると、こんなうまくいったエピソードを紹介されても信じられないよ!と考えている方もいることでしょう。

そんな方のために、なぜおさむさんのレッスンがうまくいったのかを解説しておきます。

それを通じて、おさむさんに天才的な才能があったわけでもないし、あなたにもこんなレッスンの体験ができるということを理解していただけるはずです。
今回、おさむさんが私のレッスンに来てくださったのはこんな理由でした。

人前で話すのがあまり得意ではないんですけれど、こないだ転職して来月から新しい職場で働くのですが・・・営業ではないんですけど人と話すことが多くなりそうなんです。

これはおさむさんが解決したい悩みであり、そこにはおさむさんの本当の望みが隠されています。

多くのケースでは悩みの奥深くに隠されている本当の望みに気づいていない方が多いんです。その場合はご自身に本当の望みに気づいてもらう必要があるのでもう少し掘り下げた話をすることが多いです。

今回のおさむさんのケースでは「新しい職場では人と話すことが多い」ということからそれが仕事に直結するのでおさむさんは不安をお持ちだと言うことが伝わりました。その後の会話を通じて「早く職場の人と親しくなりたい」という望みがあることもわかりました。

そしておさむさんはそのためにボイストレーニングにも通ったわけです。

でもおさむさんはボイストレーニングに通って、効果があったかどうかがわからなかったわけですね。だから私のレッスンに来てくださったわけです。

ボイストレーニングは発声練習や音域のトレーニングなどさまざまな声を出すことで発声器官をトレーニングするような内容が多いです。私も通っていた時期がありますし、私のレッスンに来る前に通っていた方が多いので、まとめるとやっぱりマニュアルに沿った発声練習なんです。

それではおさむさんは効果を感じられなかった理由が私には手に取るようにわかるわけです。

なぜなら、声というものはその瞬間のカラダの使い方と思考の使い方の結果でしかないからです。

私がお話を聞いている限り、ボイトレで扱うことはほとんどがカラダの使い方です。思考の使い方を扱うものはほとんど聞きません。なので変化や成果の見込みは少ないでしょう。でも変化や成果の見込みが少ないのはそれが理由ではありません。

自分で自分のカラダの邪魔をしている習慣を扱わないから、成果を感じられない人が多いのです。

声を出すというのは私たちが毎日行っている行動の一つです。そこには呼吸も当然関係してきます。そしてその行動は毎日意識されることなく繰り返されています。もしそこにカラダの邪魔をしている習慣が潜んでいれば、その邪魔は強化されていくわけです。何度も繰り返されていくわけですからね。

この自分で自分のカラダを邪魔する習慣を取り除くことをしなければ、いつまで経っての同じ事の繰り返し、いや、長い年月をかけて悪化させているということになるわけです。

そしておさむさんのレッスンではその習慣を取り除くことができたので短時間で成果が出たわけです。

そしておさむさんがこのレッスンの本質を理解していただけたとしたら、もう私のレッスンを受けなくてもご自身で習慣を変えていくことができるようになるわけです。

そうやって声のことはもちろん、ご自身の人生において変えたいものを望み通りの方向に変える事の出来る能力なのです。

だから結果がでて当然なんですね。自分で自分の邪魔をする習慣を取り除くと言うことはプロセスを変えるわけですから。

 

まとめ

今回は【ボイトレや発声練習をしてもあなたの声が変わらない理由】というテーマでお送りしましたが、いかがでしたが?

このテーマを取り上げようと思ったのは、発声練習やボイトレ理論にとらわれている人があまりにも多すぎると感じたからです。

カラダの使い方の習慣や思考の習慣、そしてご自分で邪魔をしていることは人によって全く違います。だからテンプレートのようにみんなに同じ事をさせるような練習屋トレーニングでは効果がないのです。

今回の記事を読んでいただいて、あなたがそのことに気づいていただけたのなら私は嬉しいです。

では今回のまとめです。

今回のPOINT

ボイトレや発声練習をしてもあなたの声が変わらない理由

・マニュアルのようなボイトレ理論、テンプレートのような発声練習ではあなたの声は変わらない
・なぜなら、あなたは自分で自分のカラダの邪魔をしているから
自分で邪魔をしている習慣を変えない限り、あなたの声は目に見えないスピードで改悪されていく

もしあなたが自分で自分の邪魔をする習慣を取り除いていきたいなら、メール講座で紹介している7ステップを活用してみてください。

この通りにやれば、きっとあなたの習慣を変えることができます。

メール講座は、E-Bookをダウンロードしてくださった方には無料でお届けしています。

ぜひあなたも有効活用してくださいね^^

もしメール講座を読んでいてわからなくなったら気軽にLINEから質問してくださいね。

 

声のことで困ったら

声を出すときのカラダの使い方、ココロの使い方など困ったことやわからないことがあったらご相談に乗りますよ^^ 相談したい方はぜひLINEで気軽に話しかけててくださいね!

今なら『読むだけで理想の声になれるE-Book』も無料プレゼントしています♪

↓ IDで検索 ↓
【@nkg5977a】

↓ スマートフォン、タブレットの方はこちら ↓
友だち追加

あなたの声を確実に変える方法を

ボイトレをさせないボイストレーナーがお届けするLINE@の無料コラムは
一般的なボイストレーナーが教えてくれないことが満載!!

実際のレッスンでのエピソードをはじめ
誰でもいつでも活用できるアイディアをお送りします。

今なら【読むだけで理想の声になれるE-Book】無料でプレゼント!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事