Menu

自由に、思い通りに、
声を出そう

【読むだけで理想の声になれるE-Book】
無料プレゼント中!

声のトリセツ

声について、こんなお悩みはありませんか?

 

声を出すとき、いつも力んでしまう

無理な練習のしすぎで頻繁に喉を痛めてしまう

練習や稽古が苦痛で仕方がない

緊張してスムーズに話すことができない

長時間話していると声がかれる

呼吸が浅くなって息が続かない

人前でのスピーチが怖くてたまらない

プレゼンの練習を何度しても失敗しそうで不安

 

あなたの声の悩みに役立つアイディアをお届けします!

 

解剖学の知識に基づいた、声を出すときのカラダの使い方

喉を痛めない練習の方法

練習や稽古が楽しくなる方法

話すことが楽しくなる

ゆったりと落ち着いた呼吸ができる

人前でのスピーチするときの準備

プレゼンをするときの心構え

 

最新記事はこちら

読むだけであなたの声が変わる「声のトリセツ」

膝をピンと伸ばすと発声の邪魔をする – ゼッタイにやってはいけない発声法 その5

あなたが声を使ってパフォーマンスをするとき、どんな風にして脚を使っているでしょうか?実は約8割の方が、ご自身の脚で発声の邪魔をしながら声を出しているのです。それがあなたの本来の発声能力や声の魅力を邪魔したり、あなたの見た目の印象まで悪くしているとしたら・・・あなたはそのままにしておいてもいいと思いますか?

アタマの動きが発声の邪魔をする – ゼッタイにやってはいけない発声法 その4

あなたは声を出すときにご自分のカラダがどんな風に使われているか知っていますか? 多くの人は無意識に色んな邪魔をしてしまっていて、すでに習慣として定着しています。 今回取り上げるのは「アタマを無意識に動かす」こと。あなたが無意識でやっていることがあなたの魅力を邪魔しているとしたら、あなたは今のままでいいですか?

シリーズ ゼッタイにやってはいけない発声法

このページでは私の実体験をベースに、多くの人が知らないうちにやっている発声の邪魔についてまとめています。多くの人は声を出すときに無意識で色んなことをしていて、それが発声の邪魔をしていることに気付いていません。だから上手く行かずに困っている。邪魔しているから当然なんですよね。

あなたの発声の悩みは腰の使い方が原因 – ゼッタイにやってはいけない発声法 その3

私はレッスンのとき「声を出している時にどんなことを意識していますか?」と質問することが多いです。なぜなら、そこにあなたの発声を邪魔することがあるからなんですけど、それをあなたが意図してやっているのか、それとも意図せずにやってしまっているのかを知るためです。例えば、あなたは腰を前に突き出したりしていませんか?

シリーズ あなたが知らない声と呼吸とカラダの関係

私の実体験をベースに、多くの人が知らない声と呼吸、そしてカラダの関係についてまとめました。発声やコミュニケーションに悩みをかかえている方は、呼吸について誤解しています。ネットで手に入れた、あまり役に立たない情報に踊らされています。そんな情報は今すぐ忘れてください。その情報があなたの声の悩みを悪化させますよ。

顔を前に出すと発声の邪魔をする – ゼッタイにやってはいけない発声法 その2

よくLINEで「どうすれば大きな声が出せますか?」というような質問を頂くのですが、残念ながら9割くらいの方はご自分で発声の邪魔をしていることに気づいていません。そしてインターネットで手に入る汎用的で当たり障りのない方法には効果がないということにも気付いていません。だからいつまで経っても悩みは解決しないんです。

大きく息を吸い込むのは発声の邪魔をする – ゼッタイにやってはいけない発声法 その1

声を出すことについて、多くの方がやっている間違いや思い込み、誤解や無意識の習慣などを取り上げます。きっとあなたは自分で自分の声を邪魔していることに気づいていないはずです。それがなくなれば、あなたの声はもっと自由に、魅力あるものになるに違いない!自分で自分の発声を邪魔していることを、あなたはいくつやっていますか?

まだボイトレ理論とか発声練習とか信じてるの? – あなたの悩みが解決しない理由

インターネットには間違ったボイトレ理論や発声練習がゴミのように溢れています。そんな現状ですから、もしあなたが声に関する悩みや望みを持っているなら、非常に危険です。 ゴミのような情報を信じてしまうと、さらに悩みが解決するどころかどんどん悪化していきます。今回はある高校生の方からいただいたやりとりをご紹介します。

いいかげんボイトレとか発声練習やめたら? – あなたの声はテンプレ式レッスンでは変わらない

若い方に多いのですが「これをやれば甘い声になる」、「こうすれば聴いている人が感動する」、「これさえすれば合格する」というマニュアルや練習法、ボイトレ理論があると考えているようなのです。そんなものはありません。検索して見つけた情報も信じなくていいです!だって、それよりも有効であなただけに役立つ方法があるんです!!

「いつまでマニュアルやノウハウに頼ってんの?」 – あなたの営業ノウハウが通用しない理由

あなたが売上など営業成績で結果を出せないのは、あることが邪魔しているからなんです。 100%成約に繋げられるどんな優れたマニュアルでも、それを邪魔するものがあるからです。 それは、あなたです。あなたが邪魔しているから、マニュアルを復習しても、ノウハウをため込んでも、セミナーに参加しまくっても結果が出ないのです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

まず読んで欲しい!人気記事Top3はこちら

あなたの声が自由に、思い通りになるために
役に立つアイディアはもっとあります!

「声が変われば、人生が変わる。」を証明したい

こんにちは。
ボイトレをさせないボイストレーナーのヨシ・トクガワです。

私は、小さな頃から声の仕事に就くことに憧れていました。
中学生の頃には、大好きだった野球に携わりたくて、「アナウンサーになって、夏の甲子園の実況中継をしたい」と思うようになりました。その後、いろんな回り道はあったものの、今ではフリーのナレーターとして活動しています。
詳しいプロフィールはこちら

 
 

ナレーターとして活動を続ける中で、声について学ぶ機会がたくさんありました。

有名な声優・ナレーターの方にレッスンを受けたり、ワークショップに参加したり、声に関する書籍やボイトレの本、会話テクニック集など市販されている本を読んで、実践してみたり。

しかしながら、あることに気づいたのです。

みんな言っていることが違う」のです。

レッスンの現場では、教える立場にある方の正解を実践することができずに叱られたり、泣き出してしまう方を何度も見てきました。時にはあまりにひどい罵倒をされて、レッスンに姿を見せなくなってしまう仲間もいました。

「なぜこんなことが起こるのだとろう・・・」

自分がこれまで学んできたことに照らし合わせてみると、こんな結論にたどりつきました。

 

みんな言っていることが違う。

でも誰も間違っていることを言っていない

 

そう。レッスンで教える立場にある方や、書籍でエクササイズやトレーニング法を紹介されている方はご自身の経験で役に立ってきた方法を紹介しているのです。彼らにとっての正解なのです。

それが、あなたや私にとっては正解かどうかは分からないのです

 

その後、私はすばらしい講師の方に出会い、学ぶこととの向き合い方を教わりました。
演技のレッスンに参加したリ、解剖学を学んだりしてきたことをブログで発信し始めました。
今では、毎年夏にシアトルに行って大学院で演劇を教えている先生から直接レッスンを受けたりもしています。

学びを深める中で、声に関する悩みや困り事を持っている方に役立つアイディアはたくさんあることを知りました。

そのアイディアを使って、声についての悩みを持った方のサポートをしたい。
そんな思いで、この「声のトリセツ」のサイトをオープンしました。

会話、スピーチ、プレゼン、演技など声を使う全てのことに通じるアイディアを届け、1人でも多くの方のサポートになりたいと考えています。