声優・ナレーターを目指す人に知って欲しい、3つの現実

4月です。
春です。

今年は3月後半でも寒い日が続き、本当に春が待ち遠しかったですね。

この4月から、新しい目標に向かってスタートを切った皆さん、
おめでとうございます!

まずは目標に向かってスタートを切った自分を、自分で褒めてあげてください。
これから辛いこともたくさん待ち受けているでしょうから、自分ために自分を褒めることができるようになっておきましょう。

さて、今回の記事は、幸か不幸か、声優・ナレーターを目指す人にお送りします。

 

芸能の世界は自己申告の世界

声優・ナレーターは声で仕事をするプロフェッショナル。
広義では芸能界に分類されるのではないでしょうか。

芸能の世界というのは自己申告の世界。
免許も資格もありません。

職業は?と質問されて「声優です」とあなたが答えれば、
あなたは声優なのです。

テレビに出ていようが、養成所に通っていようが、世間一般の方から見ればとても専門的なことを学んだり、技術を身につけているのですから、すでにプロなんです。

「声優になる」、「ナレーターになる」と決めて、学びはじめた時点でプロだと言えるでしょう。

この4月に専門学校や養成所に通うために上京された方もいるでしょう。

ゴールデンウィークや夏休みに実家に帰って友人にあったら、堂々と「声優です」と言ってくださいね。

いやいや、仕事もしていない、まだ学びはじめたばかりなのにそう言うのは気が引ける・・・

だから「声優の見習いです」「声優の卵です」と言いたくなる気持ちもわかります。

しかし、その一言にはあなたの決意が見え隠れしているのです。

 

攻略法に騙されない

芸能の世界には、正解も、正攻法も、攻略法もありません。

オーディションは、あなたの才能を判定するための試験ではありません。

作品の制作者が、「これだ!」と自分の感性を信じて作り上げる作品に、あなたの声が合うか合わないか、ただそれだけなのです。

オーディションに落ちる=スキルが低い、ということではありません。

しかしながら、世の中には「オーディション完全攻略法」とか「オーディションに絶対受かる方法おしえます」とか、あたかもオーディションに受かるためのノウハウがあるように誤解させる情報商材があります。

私が数百万円を投資して、知り得た情報です」とか「芸能界の常識が変わる」とか、ものすごい情報を教えてくれると思わせる宣伝メールが届くこともあります。

きっと「今なら先着10名まで、たったの20万円でお教えします!」という宣伝文句につられて、多くの若者が大金を払っていることでしょう。

本当に誰かのためを思っているなら、数百万円を投資して知り得た情報をお金で売るなんてことはせずに、それを元にレッスンをしてくれた方が、誰かの役に立つと思うんですけどね。

「芸能界の常識が変わる」なら、すでに色々変わってるんじゃないでしょうか?

というか、その商材自体やその提供者がもっともっと注目を浴びているのではないでしょうか?

どうか「オーディションに絶対受かる」という甘い言葉に騙されないようにしてくださいね。

同じように「デビューさせてあげる」「無料オーディション」という甘い言葉にもご注意を。

 

養成所もビジネスである

あなたは希望に充ち満ちて養成所に入りました。または専門学校に入りました。
でもね、厳しい言い方をすれば、あなたは利用されているのかもしれません。

養成所や専門学校では、基礎からスキルを教えてくれる、じっくり育ててくれるというメリットがあるでしょう。またスタジオ並みの施設で、実践レッスンなどができるのも魅力です。
どの学校もしっかりとカリキュラムを組んで、立派な講師の方々を集められて、若手の教育に力を入れられています。

でもね、養成所も専門学校も、ビジネスとして成り立っていますから、当然、利益を残さねばなりません。

現役で活躍していて誰もが知っているプロの方を講師として招いたり、設備を維持するためにはお金が必要です。

そのお金、どこから出ていると思いますか?
もちろんあなたが納めた学費です。
もしくは、あなたのお父さん・お母さんが一生懸命お仕事をして稼いだお金です。

学校を維持していくためには一定のコストが必要ですから、ある程度の生徒数を確保できないと学校そのものを存続させることが難しいのです。

そのため、いろんな魅力を増やして生徒集めもしています。

ここにひとつの落とし穴が潜んでいます。

すべての養成所や専門学校が、皆さんを声優にするために、ナレーターにするためにレッスンをしているのではないということです。

残念ながら、数千人、数万人いる中から、有望な人だけを選別し、業界に送り出していくためにレッスンをしている学校もあるのです。

中には、利益のために養成所やスクールを開催し、生徒からのレッスン費で経営している事務所もあるようです。

レッスン費だけで経営が成り立っているので、事務所としてのマネジメントをほとんどしていない(もしくは一部の売れっ子しかマネジメントしてもらえない)ケースもあります。

売れっ子を1人でも輩出できれば、その人の母校として生徒が集まることを見込めます。
より多くのレッスン費が集まるので事務所側は養成所を運営するメリットがあるのです。(いわゆる養成所ビジネス)

「うちを卒業すれば必ず声優・ナレーターになることができます!」
そんな養成所や専門学校、スクールなどは存在しないのです。

だから芸能の世界は厳しいのです。

 

声優・ナレーターとして生きていくために

何よりも大切なのは、あなた自身です。

あなたが、これから数年後どんな人生にしたいか、あなたなりのゴールや目標を明確に持つことです。

それがあれば、どんなことがあってもブレないですし、搾取される側にもならないでしょう。

そして、甘い言葉や優しい言葉に騙されないこと。

これから先、あなたにいろんなことを教えてくれる方が現れるでしょう。
指導してくれる先生であったり、悩みを聞いてくれる友人であったり、意見が合わないライバルであったり、実に多くの方と出逢うでしょう。

その中で、その人はあなたのことを本当に思ってくれているのかをしっかりと見極めてください。

あなたのことを本当に思ってくれている人は、あなたがなりたいものになるためにサポートしてくれる人です。

あなたに自分の考えを押しつけたり、従わせようとしている人ではありません。

 

最後に、

声優・ナレーターを目指している皆さんに質問です。

あなたが将来やりたいのは声優ですか?ナレーターですか?

それとも、あなただけが持っている声を使ってお仕事をすることですか?

この違い、わかりますか???

 

もしくじけそうになったら

もしこれから先、くじけそうなことがあったり、声優やナレーターになるのを諦めようと思ったときがあったら、【声の世界で生きていくのをやめようと思ったときに改めて確認したい5つのこと】の記事をご覧ください。

 

声のことで困ったら

声を出すときのカラダの使い方、ココロの使い方など困ったことやわからないことがあったらご相談に乗りますよ^^ 相談したい方はぜひLINEで気軽に話しかけててくださいね!

今なら『読むだけで理想の声になれるE-Book』も無料プレゼントしています♪

↓ IDで検索 ↓
【@nkg5977a】

↓ スマートフォン、タブレットの方はこちら ↓
友だち追加

あなたの声を確実に変える方法を

ボイトレをさせないボイストレーナーがお届けするLINE@の無料コラムは
一般的なボイストレーナーが教えてくれないことが満載!!

実際のレッスンでのエピソードをはじめ
誰でもいつでも活用できるアイディアをお送りします。

今なら【読むだけで理想の声になれるE-Book】無料でプレゼント!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事