こんにちは。
ボイトレをさせないボイストレーナーのトクガワ です。

 

今回は「ゼッタイにやってはいけない発声法」の第4弾です。

今回テーマに取り上げるのは「声を出すときにアタマを後ろに引く」ということですが、これは発声法というより、多くの人が気付いていないクセですね。無意識にやってしまっていて、すでに習慣として定着していることが発声の邪魔をしているんですけども、代表的なものの1つですね。

あなたは声を出すときにご自分のカラダがどんな風に使われているか知っていますか?

残念ながらほとんどの方は知りません。特に何の意識もせずに声を出して、その時に発声を邪魔するような習慣があっても自覚していません。

でも電車やお店で会話を楽しんでいる人を見ていると、けっこういるんですよね。友だちと談笑しているときでも自分の発声を邪魔しながらおしゃべりしている人が

別にそれが悪いわけではないですよ。それでも声は出せますからね。

でも、それがあなたの魅力を邪魔しているとしたら、あなたは今のままでいいですか?

 

この記事のポイント

・多くの人は、実は自分で発声を邪魔しているが気付いていない
・声を出すとき、ほんの少しアタマを後ろに引くクセが発声の邪魔をする
・あなたの声に関する悩みを解決するためには?

 

あなたの魅力を邪魔するクセはあなたにはわからない

冒頭の文章を読んであなたはどう感じましたか?

こんな風に感じませんでしたか?

私には「声を出すときにアタマを後ろに引く」というクセがあって、それが発声の邪魔をしていて、私の魅力を邪魔している。そのことに私は気付いていないのね・・・。だとしたら、それに気付いてそれをやめていけばいいんでしょ?簡単じゃない!

こんな風に思いましたよね?

残念なお知らせですが、それは不可能です。

試しに友人や同僚と話すときに、相手のことをよーく観察してみてください。話し始めるときにアタマをほんの少しでも後ろに引いているかかどうか観察してみるのです。

きっと、見てもわからないはずです。

もしくは、あなたが話している時の姿を鏡を使って見てみてください。

きっとアタマを後ろに引いていることに気付かないはずです。

残念ですが、あなたには相手のクセを見抜くこともできなければ自分のクセを見抜くこともできません

なぜなら、ご自身にとってはそれがいつも通りのカラダの使い方なのです。だからそれが当たり前なのです。違和感ゼロ、何もおかしなことはないのです。

でもね、確実にほんの少しでもアタマを後ろに引いて、あなたは声を出す邪魔をしながら友だちや同僚と話しているのです。仕事中は取引先や見込み客と話しているのです。

あなたの声の魅力、つまり人としての魅力を邪魔しながら相手とコミュニケーションをとっているのです。

 

自覚なき邪魔はあなたの魅力を少しずつ奪っていく

きっとあなたは「そのことに自覚がないならいいじゃん」と思うかも知れません。

「私も相手も、誰もお互いのクセを見抜けないならそのままで何が問題なの?」と思うかも知れません。

本当にそれでいいんでしょうか?

あなたは声を使う時はもちろん、毎日の日常生活を通じてあなたの魅力を少しずつ邪魔しているんですよ?つまり毎日の生活を通じて自分自身を少しずつ改悪していっています。

なぜなら、毎日の生活のあらゆるところであなたはご自分の邪魔をするようなことをしているからです。「声を出すときにアタマを後ろに引く」ようなあなたの魅力を邪魔するようなことが、毎日繰り返されているんです。

そんなことを毎日毎日繰り返していれば、その習慣は強化されていきます。あなたの声や魅力を邪魔しているようなことがだんだんと強化されていくわけです。

今は良くても数年後にはどんな風になってしまっているでしょうか?

そしてその習慣があなたのカラダの動きを制限します。制限された動き、つまり仕草は相手が受け取るあなたの印象を変えます。制限されたあなたの仕草を見て、相手がどんな印象を持つかは言わなくてもわかりますよね。

 

習慣に気づき、それを変える選択ができる

あなたが気付かずにやっている「声を出すときにアタマを後ろに引く」ことは、言わずもがな発声器官に不要なプレッシャーを与えます。不要なプレッシャーを与えられると、当たり前ですが本来の動きは阻害されます

あなたは気付かずにほんの少しでもアタマを後ろに引いているなら、それはあなたが発声の邪魔をしていることと同じ事なのです。

それだけではありません。

アタマをほんの少し後ろに引くことで起きるバランスの変化が、あなたのカラダ全体にも不要なプレッシャーを与えてしまいます。

E-Bookでも紹介していますが、この不要なプレッシャーというのが私たちのカラダ全体の機能を阻害するんですね。柔軟性や可動性といったカラダの動きを制限したり、呼吸や発声と行ったカラダの機能を邪魔するんです。

だからあなたはまず不要なプレッシャーを与えている習慣に気付かなくてはなりません。

その上で、その習慣を続けるか?それともやめるか?の選択をする必要があります。

もちろん、あなたのカラダの動きや機能を邪魔する習慣をそのままにして置いても、それは間違いではありません。その習慣を止めることが正解でもありません。

カラダの動きや機能を邪魔する習慣をそのままにしていても、私たちは生活することはできますからね。実際、あなたが今そうしていますし、わたしも昔はそうでした。

でもこの事実を知ったら、私はカラダの動きや機能を邪魔する習慣は要らないと思いました。私のカラダの動きや機能を邪魔する習慣を手放した方が、何百倍もメリットがあると思いました。だから今こうしてあなたにもそれをお伝えしているんです。

ところが、習慣に気付いただけでは上手く行かないという残念な事実があります。

なぜなら、多くの人は習慣に気付いたらそれをやめようとしてしまうことにあります。

喫煙や浪費グセ、アルコール依存のような習慣もそうですよね。なかなかやめようにもやめられず、禁煙外来のように医師の力に頼って喫煙の習慣をなくそうとしている人も多いですよね。1人ではやめることが難しいので専門家のサポートを借りるわけですね。

習慣はすでに生活の一部に組み込まれている行動は、これまで何度も繰り返してきた行動なので特に苦痛も不便も感じることなく簡単に実行することができてしまいます。これまでに何度も繰り返した成果もあって、無意識でもそれをすることができるわけです。

だから「習慣を止めよう」としても効果がないんです。だって気付かないうちに行動しちゃうから。

声を出すときの習慣も同じです。「声を出すときにアタマを後ろに引く」という習慣があって、それを止めようとしても上手く行かないことが多いんです。

だって、いつもそうやって声を出しているんだから、毎日の生活の中で何度となく繰り返し練習しているわけです。やめようと思っても簡単にやめられるものじゃありません。だから専門家のサポートを借りてください。

もし私がサポートさせていただくとしたら、「別の習慣で置き換える」という方法を提案します。もちろん、それを採用するかどうかはあなたに決めていただく必要がありますけどね。

 

自分ではできているつもり

「別の習慣で置き換える」という方法をレッスンで実験したエピソードがあります。

営業のお仕事をしている拓也さん(仮名)がレッスンに来てくださったときのお話です。

 

トクガワ
こんにちは、トクガワです。今日はレッスンに来てくださってありがとうございます。

 

拓也さん
よろしくお願いします。拓也です。

 

トクガワ
いつも皆さんにはレッスンに来てくださった理由をお伺いしているのですが、拓也さんが私のレッスンに来てくださった動機や理由があったら教えて頂けませんか?
こんなことに悩んでいるとかこんなことに興味があるとかでもいいですよ。

 

拓也さん
営業の仕事をしているのですが、お客さんと話すとき、どうも声が出ていないような気がしていて・・・けっこう聞き返されることが多いんです。

 

トクガワ
そうですか。声が出ていないような気がするのをなんとかしたい、ということですね。

 

拓也さん
はい、そうです。そうすれば、聞き返されることも少なくなると思うんです。

 

トクガワ
たしかに、その可能性はありますね。そのことを解決したりするために、何か取り組みはされていますか?例えばボイトレに通ったことがある、とか。

 

拓也さん
いえ、特に何もしていません。インターネットで発声のことを調べて見たりはしているのですが、声を出すことについては歌を歌う人向けのものが多いし、営業やセールスのことについては話す内容とかが多いのでこれと言って見つかっていないんです。

 

トクガワ
わかりました。まずはいつも通り拓也さんが話しているのを見せていただいてもいいでしょうか?

 

拓也さん
どういうことですか?

 

トクガワ
私のレッスンは一般的なボイトレとは違って発声練習の様なことはしません。声を出すときのカラダの使い方の習慣や思考の使い方の習慣を扱います。だからまずは拓也さんがどんな風に声を出しているかを見せていたきたいのです。それをもとに今の拓也さんに役に立つアイディアをお渡ししていくスタイルをとっています。

 

拓也さん
「こうすれば声が出しやすくなるよ」みたいなことは教えてくれないのですか?

 

トクガワ
それは失敗するボイトレの典型的なパターンですね。「こうすれば声が出しやすくなるよ」という方法は存在していません。

 

拓也さん
そうなんですか?ネットではそのような情報がたくさん見つかりますけど・・・?

 

トクガワ
もしそんな方法が存在するなら、拓也さんは私のレッスンに来ていないと思いますよ。
拓也さんの悩みはすでに解決しているはずですから。

 

拓也さん
あ・・・そう言われてみればそうですね。

 

トクガワ
それから私のレッスンに来てくださる方の多くは「こうすれば声が出しやすくなるよ」と言われた方法をやってみても特に効果を感じなかった人が多いんです。
なぜなら、どんな方法でも人によって合う合わないがあるからです。またその人の状況によっては役に立つことも役に立たないこともあるからです。

 

拓也さん
なるほど・・・。

 

トクガワ
だから今の拓也さんにとって役に立つアイディアをお渡ししたいので、拓也さんが普段どんな風にお話しているかを見せていただきたいんです。

 

拓也さん
そういうことなんですね。でもどんな内容を話せば良いですか?

 

トクガワ
どんな内容でもいいですよ。今日、拓也さんが来てくださったのは「お客さんと話す時に、声が出ていないような気がする」ということでしたよね?

 

拓也さん
はい、そうです。聞き返されることも多いです。

 

トクガワ
では、その状況を取り上げてみましょう。お客さんが目の前にいると想定して、いつもお話していることを話してみてください。

 

拓也さん
わかりました。
今日はお時間頂きありがとうございます。株式会社○○の山田です。
弊社は業務用の複合機などを扱っておりまして・・・

 

トクガワ
はい、ありがとうございます。

 

拓也さん
あ、もういいんですか?

 

トクガワ
はい。いくつか拓也さんの習慣がわかりました。
そのことをお話しする前に、拓也さんとしては今話してみてどうでしたか?

 

拓也さん
どうって言われても・・・

 

トクガワ
そうですよね。今話してみてどんなことを感じたか?とかどんなことに気づいたか?を教えてもらえませんか?いつも通りだったとか、特に何も感じなかったでも何でもいいです。

 

拓也さん
そうですね・・・いつも通りといえばそうですし、今は相手が前にいないのでちょっとやりづらかったですかね。でもいつもとそんなに大きな違いはないと思います。

 

トクガワ
ありがとうございます。
今お話しているときに拓也さんはほんの少しだけアタマを後ろに引いていたのですが、それはどうしてですか?

 

拓也さん
えっ?そんなことしてませんけど・・・?

 

トクガワ
そうですか。ということは、拓也さんが気付いていない「話し方の習慣」のようですね。

 

拓也さん
本当にそんなことをしているんですか?

 

トクガワ
はい、本当にごくわずかですけどね。話し始めるときにアタマを少し後ろに引いているのが私には見えました。

 

拓也さん
それはダメなことなんでしょうか?

 

トクガワ
いえ、ダメなことではありませんよ。おそらくこれまでの拓也さんの経験を通じて、必要があったからその動きをするようになったんだと思います。

 

拓也さん
なら気にしなくてもいいですね。

 

トクガワ
そうですね。そのままにしておいてもいいと思います。
でも、もしその「話し方の習慣」が拓也さんが声を出すことを邪魔していたらどうしますか?

 

拓也さん
どういうことですか?

 

トクガワ
拓也さんの「声が出ていないような気がする」という悩みの原因になっていたらどうしますか?

 

拓也さん
もしそうだとしたら、それをやめればいいと思います。
でもアタマを少し後ろに引くというのがどうして声に関係があるんですか?

 

トクガワ
発声というのはカラダ全体で行われていることです。ほとんどの人は喉だけで行われていると考えていますけどね。
そしてアタマをほんの少しでも後ろに引くと、息の通り道を押し潰してしまいます。

 

拓也さん
それが発声の邪魔になっているということですか?

 

トクガワ
はい、そうです。声は空気の振動ですから、息の通り道が邪魔されると当然、声も邪魔されてしまいますからね。

 

拓也さん
ではアタマを後ろに引かなければいいんですね。

 

トクガワ
そうですね。ではもう一度それを意識してやってみませんか?

 

拓也さん
はい、わかりました。
今日はお時間頂きありがとうございます。株式会社○○の山田です。
弊社は業務用の複合機などを扱っておりまして・・・

 

トクガワ
どうですか?

 

拓也さん
うーん、、、さっきとあまり違いがないです。

 

トクガワ
そうですよね。拓也さんを見ていると、さっきとあまり変わっていないように見えましたから。

 

拓也さん
えっ?アタマを後ろに引かないのを意識していたんですけど・・・

 

トクガワ
そうですか。でも今話している時も拓也さんはさっきと同じくアタマを後ろに引いていましたよ。

 

拓也さん
本当ですか?自分では後ろに引いていないつもりだったんですけど・・・

 

トクガワ
それが習慣というものです。長い間カラダの使い方の一連の動作として組み込まれているので、そう簡単には変わらないんですね。しかも「アタマを引かないようにしよう」という否定形を伴う表現は、今のように逆効果に働きます。

 

拓也さん
ということは、この習慣はなくならないということですか?

 

トクガワ
いえいえ、そんなことはありません。方法はあります。

 

拓也さん
どうすればいいんでしょうか?

 

トクガワ
別の習慣で置き換えればいいんです。
試しに、もう一度同じ事をお話して欲しいのですが、今度は「息を上に送り出す」と言うことを意識してみて、お話してみてもらえませんか?

 

拓也さん
わかりました。
今日はお時間頂きありがとうございます。株式会社○○の山田です。
弊社は業務用の複合機などを扱っておりまして・・・あ、さっきより声が出てる!

 

トクガワ
そうですね。私も聞いていてそう感じました。
そして今はアタマを後ろに引くということは起きていませんでした。

 

拓也さん
そうなんですか?今はアタマを後ろに引かないとかは考えていなかったのに・・・

 

トクガワ
そうですよね。でも別のことを意識していましたよね?

 

拓也さん
はい。「息を上に送り出す」ことを意識していました。

 

トクガワ
それが間接的にアタマを後ろに引くという動作を起こさなくしたんです。

 

拓也さん
間接的に・・・ですか?

 

トクガワ
はい。私たちは何かをしようとするとき、直接的にやろうとしてしまうんですね。今回のように「アタマを後ろに引かない」という結果ばかりを追い求めてしまい、なぜそれが起きているのか?やそれが起きているプロセスを全く目を向けないんですね。

 

拓也さん
プロセス・・・ですか。

 

トクガワ
そうです。私が提案したことは、拓也さんがお話をするときのプロセスを変える提案だったんですね。そして拓也さんはそれを実行してくれました。そうすることで拓也さんの「お話をするというプロセス」が変わり、これまで起きていた拓也さんの邪魔をしていること、つまり「アタマを後ろに引く」ということが起きなくなったわけです。

 

拓也さん
直接どうこうするのではなくて、間接的にアプローチする、ということですね。

 

トクガワ
素晴らしです。まさにその通りです。私は直接的に声を扱うんではなくて、間接的に声を扱っています。直接的なアプローチでは上手く行かないことがほとんどだからです。
そして声が変われば拓也さんの魅力が今以上に引き出されるので、拓也さんを取り巻く環境、仕事や恋愛、人間関係なども間接的に変わっていくわけです。

 

拓也さん
なるほど・・・。それはとても効果がありそうですね。

 

トクガワ
そう感じていただけると嬉しいです。
さっきの拓也さんの営業トークは素敵になりましたけど、もっと素敵になれる提案があるのですが聞いてみたいですか?

 

拓也さん
はい!ぜひお願いします。

 

トクガワ
わかりました。では先ほどやっていただいた営業トークに、さらに別のアイディアをプラスしてみましょう。

 

・・・と、拓也さんとのレッスンは続いていきました。

レッスンを通じて、拓也さんは営業トークの時にご自身のカラダをとても小さく見せている習慣に気づき、それをなくしていくことで存在感が見違えるほどに変化しました。

レッスンのはじめに「声が出ていないような気がする」と言っていた拓也さんは、レッスンが終わる頃には別人の様に活き活きとしていました。

拓也さんが自信を持って堂々と話すことができるようになったのは言うまでもありません。

 

あなたを邪魔する習慣がなくなれば、声だけでなく存在感も自信も変わる

もう一度、拓也さんとのレッスンを振り返って見ましょう。

レッスンを通じて彼は自分の習慣を変えることができました。そうすることで彼の声はもちろん、営業トークをするときの表情や仕草までもが変わりました。

なぜたったこれだけのレッスンで拓也さんは見違えるように変わったのか?

それは拓也さんが自分で自分の邪魔をしていたことを取り除いたからです。

ただ邪魔を取り除くだけで拓也さんが本来持っていた魅力が引き出されるのです。

拓也さんの場合、話し始めるときにアタマをほんの少しの後ろに引くというカラダの習慣がありました。実はこの習慣が拓也さんの発声をはじめ、あらゆることを邪魔になっています。

拓也さんが話すことや身振り手振りのジェスチャーをすること、表情を作ることなどあらゆることを阻害しているのです。

このあたりはE-Bookにまとめていますので読んでくださった方はもうご存じだと思います。

私はレッスンを通じてその邪魔を取り除くためのサポートをさせて頂いたわけですが、直接的に「話し始めるときにアタマをほんの少し後ろに引く」を解決できるような方法をお渡ししたわけではありません。

一般的なボイストレーナーや発声指導者、話し方セミナーの講師は直接的に物事を解決しようとします。でも、受講生の方にはなかなか成果が現れません。当然です。

直接的な解決は事態を泥沼化させるのが得意です。だって邪魔していることが残っているわけですから。このままレッスンを続けていては指導者側と生徒側の関係が悪化するだけですよ。

指導者側は「この生徒は何度言ってもできない」「練習が足りないに違いない」と考え始めます。生徒側は「先生の言ってることがわからない」「先生の言うとおりにやっているのに効果がない」と思い始めてしまうでしょう。

どちらか一方でもそんな感情を抱いてしまえば、関係性は一気に崩れます。

本当に必要なのは、拓也さんのカラダや思考で起こっているプロセスを理解しそれが拓也さんの悩みや望んでいることにどう関与しているかを推察しそのプロセスを変えていく提案なんです。

だから私は間接的なアプローチをとって、拓也さんの邪魔を取り除くことができる可能性がある提案をしたわけです。

そして拓也さんには私の提案が見事にハマりました。拓也さんが自分で自分の邪魔をしていたことがなくなり、拓也さん本来の魅力や能力が発揮されたのです。

 

まとめ

それでは今回のまとめです。

今回のまとめ

ゼッタイにやってはいけない発声法 その4
「アタマを後ろに引く」

・声を出すとき、ほんの少しアタマを後ろに引くクセが発声の邪魔をする
「○○しないようにする」は逆の結果(さらに○○する)をもたらす
悩みを解決するには間接的なアプローチが必要

人によってカラダの使い方の習慣や考え方の習慣は違いますから、拓也さんに提案した方法があなたに当てはまるかどうかはわかりません。バッチリハマることもあれば、全然効果がない場合もあります。

だから私は「○○さえすればOK」と言うような唯一解のようなアドバイスはしないのです。というか、そんなもの存在しません。LINEで質問をくださった方に私が質問でお返しするのはそのためです。

あなたにはどんな提案が有効かを考えるための情報提供をお願いしているだけです。意地悪をしているわけではありませんからね。

もしあなたの周りに「○○さえすればOK」ということを教えてくれる人がいれば、それはある意味、宗教です。まぁ、その方に教わるか、私に教わるかはあなたが決めることですけどね。

もしあなたが、悩みを解決したり望みを叶えたいと願っているなら、宗教的なレッスンを受けるか?それとも私のレッスン受けるか?どちらが成果が出るかを考えてみてください。

そのための判断材料はこのサイトにたくさんまとめています。

このあたりもぜひ読んでみてください。

あなたの声を確実に変える方法を

ボイトレをさせないボイストレーナーがお届けするLINE@の無料コラムは
一般的なボイストレーナーが教えてくれないことが満載!!

実際のレッスンでのエピソードをはじめ
誰でもいつでも活用できるアイディアをお送りします。

今なら【読むだけで理想の声になれるE-Book】無料でプレゼント!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事