4/23は海外ディレクターのヴィヴィアン・マッキーさんのレッスンでした。
ヴィヴィアンさんは30年以上もの間、アレクサンダー・テクニークに携わっていて
さらにチェリストとして活躍されておられる方。

そのキャリアで培われたことから学びや発見が多く、
マインドマップがぐちゃぐちゃに(笑)

今回のでレッスンでアップデートされたことはたくさんありましたが
一番は「スカイフック」についての考え方。

あれくさんだー・テクニークにおける「アタマを上に」というのは
Actors's Rings SYMBIONにて樋口隆則さんに教わった「スカイフック」と似ていて
ただ、どこかで違うものと言う認識がありました。

ところが、ヴィヴィアンさんがレッスン中に「アタマは上。だけど上ってどこ?」の一言で
ハッとしました!

私は「アタマは上に」と自分にディレクションを送っていたにもかかわらず、
「上」がどこなのか、全く考えていなかったのです。

ヴィヴィアンさんが言うには・・・
「上はどこ?アタマのてっぺんから30cm上?それとも天井?」
「違うわよ。もっと上、とにかく上。天井を突き破って空。空よりも上なのよ!」

この時、私の脳裏に浮かんだのが「スカイフック」。

ここで初めて「アタマは上に」と「スカイフック」が同じことであったと気がついたのです。
(遅っ・・・笑)

このアップデートが出来たことで、脊椎の長さをキープしやすくなったと思います。

脊椎の長さをキープできると、呼吸や発声を阻害する要素を取り除くことが出来るし、
声が良くなりました。

その他にも「プランと抑制」、「息は吸わなくていい」、「集中と注意」などなど
たくさんの発見があったので、順次アップしていきたいと思います。

レッスンのマインドマップノートはこちら

あなたの声を確実に変える方法を

ボイトレをさせないボイストレーナーがお届けするLINE@の無料コラムは
一般的なボイストレーナーが教えてくれないことが満載!!

実際のレッスンでのエピソードをはじめ
誰でもいつでも活用できるアイディアをお送りします。

今なら【読むだけで理想の声になれるE-Book】無料でプレゼント!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事